不動産に関わる税金

不動産取引における税金

複雑な不動産に関わる税金と悪どい不動産屋との関係について書いてみたいと思います。
建売住宅や中古の一戸建てを購入する場合の消費税はどうなるのでしょうか?

 

結論から書くと土地には消費税がかかりません。
建物部分には消費税がかかりますが土地には
消費税がかからないのです。

 

実際には、不動産取引における税金は消費税だけではないのですが
あくどい不動産屋をうまく利用する盲点も実はこの消費税にあるのです。

 

実際、不動産屋の手数料は、取引額の○%と決まっているわけですが、
交渉の仕方しだいでは、建物部分の消費税を調整することで
非常に安く不動産を手に入れることも可能です。

 

5%の消費税が8%になるわけですから、建物部分が2000万円だとすると
100万円で済んだものが、160万円になるわけです。

 

あくどい不動産屋は、この辺を実にいい加減に処理します。
この辺の事情も不動産価格が非常に不透明な世界で
決まっていることを象徴しています。

 

あくどい不動産屋かどうかを判断するためにも
うまいこと誘導すると面白い話が聞けるはずです。

 

地方には、かなり良心的な不動産屋さんも多いのですが、
東京の不動産業者は、ほぼ間違いなくインチキです。
インチキを利用するという思考も大切ですね。

不動産に関わる税金関連ページ

都心回帰の流れ
富裕層の高齢者は、都心居住のメリットを再認識して、都心部に住居を購入しなおす流れが加速しているようです。