スムストック

住むストックとは?

優良なストック住宅(ブランド名:SumStockスムストック)というものをハウスメーカーが作ったというところです。独自の「優良ストック住宅査定マニュアル」(スムストック査定マニュアル)を策定し、協議会認定の査定士(スムストック住宅販売士)を育成していくのだそうですね。

 

現在は、10社が加盟していますが、発足当時は9社でした。旭化成、住友林業、セキスイハイム、積水ハウス、大和ハウス、トヨタホーム、パナホーム、ミサワホーム、三井ホームの9社で発足し、現在では、ヤマダ・エスバイエルホームが加わって10社によって運営されている協議会です。

 

良質で長寿命な住宅を多く建設しようということや、メインテナンスを定期的に行うことで安定して良い状態の住宅を市場に増やしていこうという試みはとても評価できると思います。

 

まだ始まったばかりですが、構造躯体部分の資産価値を50年償却として算出するなど、中古物件のあるべき信頼性に付いての取り組みはとても興味深く見守っています。マンションなども管理費が高いところは、古い物件でも安心して購入できるケースがありますから、今後ますますメインテナンスにしっかりとお金を使った部分が売る時に評価されるような時代になるのではないでしょうか?

 

ただ、こういった動きは世の中に認知されるまでが非常に大変です。スムストックで査定してもらえるから安心!そんな時代にはもう少し時間がかかるのかもしれません。悪どい事業展開をする会社が生き残っていられなくなるように頑張って欲しいと思います。

マスコミ紹介ページ

スムストックは、様々なマスコミにも取り上げられています。
こちらのページでご確認ください。

 

 

スムストック関連ページ

家を売るタイミングとは?
買うときには安いほうが良いに決まっています。売る時には高いほうが良いに決まっています。でも、間違えると大変なこととは?