売主 【うりぬし】

売主って誰のことを指すの?

売主とは、不動産取引の形態によて誰を指すのかが変わります。

 

買主とは、当然これあら買おうとしている人のことです。
これに対して、新築マンションや建売住宅の場合は、不動産会社(宅建業者)や建設会社などが売となりますが、中古住宅の場合は、個人が売主のケースが多いのが普通です。

 

中古物件は、不動産屋が買い取ってから売るのではなく、あくまでも買い手を探すことによって仲介手数料を得るということを考えれば、不動産屋が売主ではないということもご理解いただけると思います。

 

ご自分の持っている不動産を売りたいと思ってもいつ売れるのかがわからないという点が一番ネックになるということがお分かりいただけるのではないでしょうか?不動産屋が、いくら高く売れるといったとしてもまるで信じて任せてしまうといつまでたっても売れないということにもなりかねません。

 

あなたが売主の場合には、売るためにはどうすべきか?ここの相談に真剣に乗ってくれる不動産屋に出会う必要があるのではないでしょうか?金額だけにとらわれると実はとても危険なのです。
不動産大百科無料プレゼント

売主 【うりぬし】関連ページ

買い換え特約
買い換え特約とは、今まで住んでいた住居が売れずに購入資金の支払いができなかった時のための特約です。
一般媒介契約
不動産取引の契約の仕方です。早く売るために一般媒介契約を結んだほうが良いのか?それともどこあを信頼して任せるのが良いのか?ここが問題です。
競売物件
競売とだけ書くと読み方は、競売となりますが、競売物件は、『けいばいぶっけん』と読みます。
青田売り
就職関連では、青田買いという言葉がありますが、不動産関連では、青田売りという言葉があります。
コレクティブ・ハウジング
1970年代に、スウェーデン、デンマーク、オランダなどで広まった新しい生活スタイル
団体信用生命保険
俗にダンシンなどと省略して使われる場合があります。不動産購入とセットで申し込まれる保険のことです。
セットバック
要セットバックとかセットバック済みと言った言葉を見つけることがありますよね。
クルドサック
新しく分譲された住宅でクルドサック有りという表記を見つけることがあります。