団体信用生命保険

住宅ローンを組むときの常識

銀行などで住宅ローンを借りた場合には、自動的にこの保険に加入することになると思います。もしも、お金を借りている人が死亡したり、働けなくなったりした場合に住宅ローンを払わなくても保険で金融機関が取りっぱぐれることがないように保険をかけるのです。

 

ただ、収入が極端に多かった場合などは、家を維持することができずに売ることになるケースも多いような気がします。ローンの残債を一括返済してくれる保険に過ぎず、あくまで金融機関のための保険ですから、生命保険は別に入っておくほうが良いでしょう。

 

年齢制限や健康状態によっては、団信に加入できないと融資も受けられないケースもあります。住宅ローンを組むのなら、なるべく若い方がメリットが多いと思います。多少無理をしてでも健康なうちに小さな不動産を手に入れるのが資産形成には欠かせないと思います。

 

一生、借りている方が絶対に得だ〜!

 

という考え方もありますが、歳をとると借りることができなくなるケースもあります。お金があれば良いわけではなく、いつお迎えが来るかわからない独居老人に貸したがらない大家さんも最近増えているらしいですから。
不動産大百科無料プレゼント

団体信用生命保険関連ページ

買い換え特約
買い換え特約とは、今まで住んでいた住居が売れずに購入資金の支払いができなかった時のための特約です。
一般媒介契約
不動産取引の契約の仕方です。早く売るために一般媒介契約を結んだほうが良いのか?それともどこあを信頼して任せるのが良いのか?ここが問題です。
競売物件
競売とだけ書くと読み方は、競売となりますが、競売物件は、『けいばいぶっけん』と読みます。
青田売り
就職関連では、青田買いという言葉がありますが、不動産関連では、青田売りという言葉があります。
売主 【うりぬし】
不動産取引でよく出てくる売主という言葉の持つ意味について
コレクティブ・ハウジング
1970年代に、スウェーデン、デンマーク、オランダなどで広まった新しい生活スタイル
セットバック
要セットバックとかセットバック済みと言った言葉を見つけることがありますよね。
クルドサック
新しく分譲された住宅でクルドサック有りという表記を見つけることがあります。