一般媒介契約

不動産を売る時の契約形態

媒介契約の一種で、複数の業者に仲介を依頼できる契約のこと。

 

並行して依頼している業者にほかの業者を明らかにする義務のある明示型と、
伏せておける非明示型がある。

 

多くの人が多くの不動産業者と契約したほうが確実に売れると思うのも当然ですが、
実際には、契約寸前までいったけれど、別の業者に契約されて今までの苦労が
水の泡。トホホ。。ということもあるので、不動産業者が積極的に販売に力を
入れてくれるとは限らないというデメリットがあります。

 

自分のことだけ考えていると損してしまう例の典型ですね。
不動産大百科無料プレゼント

一般媒介契約関連ページ

買い換え特約
買い換え特約とは、今まで住んでいた住居が売れずに購入資金の支払いができなかった時のための特約です。
競売物件
競売とだけ書くと読み方は、競売となりますが、競売物件は、『けいばいぶっけん』と読みます。
青田売り
就職関連では、青田買いという言葉がありますが、不動産関連では、青田売りという言葉があります。
売主 【うりぬし】
不動産取引でよく出てくる売主という言葉の持つ意味について
コレクティブ・ハウジング
1970年代に、スウェーデン、デンマーク、オランダなどで広まった新しい生活スタイル
団体信用生命保険
俗にダンシンなどと省略して使われる場合があります。不動産購入とセットで申し込まれる保険のことです。
セットバック
要セットバックとかセットバック済みと言った言葉を見つけることがありますよね。
クルドサック
新しく分譲された住宅でクルドサック有りという表記を見つけることがあります。