セットバック

このセットバックってなんなの?

建築基準法では、接道義務というのがあるのですね。建物の敷地は幅が4メートル以上の道路に接していないといけない。ということが盛り込まれたもので、そうなった理由としては、住宅密集地での火災などの際に消防車が活動するのに充分な広さを確保するとか?火が近隣住宅を一斉に燃やし尽くさぬようにということから出来たものだと考えられます。

 

古くからある市街地では4メートル未満の道が多いため、この法律に適合していない住宅は、ものすごい数にのぼります。本来はここに新たに建築物を建てるにあたって、建築確認が下りないのですが、敷地を後退させることによって道路の幅を確保できれば建替えを認めることにした緩和規定なのです。

 

セットバックした部分は道路と見なされるので、セットバックが必要だったりセットバックした物件というのは、ちょっと損している感じです。このセットバック部分は、敷地面積には含まれませんから、公に寄付をしたようなイメージです。建ぺい率・容積率の計算の基になる敷地面積に含めることもできないので、セットバックがあるかどうか?または、セットバックでどのくらいの面積が道路になってしまったのか?しっかり確認したいものです。

 

特に中古物件を購入する場合には、この辺の事情を知らないでいると建て替えの時に公開する音になるかもしれませんから、お買い得な物件の場合には特にチェックが必要になると思います。
不動産大百科無料プレゼント

セットバック関連ページ

買い換え特約
買い換え特約とは、今まで住んでいた住居が売れずに購入資金の支払いができなかった時のための特約です。
一般媒介契約
不動産取引の契約の仕方です。早く売るために一般媒介契約を結んだほうが良いのか?それともどこあを信頼して任せるのが良いのか?ここが問題です。
競売物件
競売とだけ書くと読み方は、競売となりますが、競売物件は、『けいばいぶっけん』と読みます。
青田売り
就職関連では、青田買いという言葉がありますが、不動産関連では、青田売りという言葉があります。
売主 【うりぬし】
不動産取引でよく出てくる売主という言葉の持つ意味について
コレクティブ・ハウジング
1970年代に、スウェーデン、デンマーク、オランダなどで広まった新しい生活スタイル
団体信用生命保険
俗にダンシンなどと省略して使われる場合があります。不動産購入とセットで申し込まれる保険のことです。
クルドサック
新しく分譲された住宅でクルドサック有りという表記を見つけることがあります。