不動産用語集

不動産に関わる用語を解説していきます。

あ行 青田売り 一般媒介契約 売主 【うりぬし】
か行 買い換え特約 競売物件 コレクティブ・ハウジング
さ行 セットバック
た行 団体信用生命保険
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行

不動産用語集エントリー一覧

買い換え特約

不動産の買い換えで購入物件が決まったけれど、決済までに自宅が売れなければ代金の支払いができない。そんなケースもあると思います。購入物件の売買契約時に自宅が売れなかった場合に備えて、購入の契約を白紙に戻す特約のことです。予定の期日や金額を明記しておくことで、もし自宅に買い手がつかなかった場合に購入の契...

続きを読む

一般媒介契約

媒介契約の一種で、複数の業者に仲介を依頼できる契約のこと。並行して依頼している業者にほかの業者を明らかにする義務のある明示型と、伏せておける非明示型がある。多くの人が多くの不動産業者と契約したほうが確実に売れると思うのも当然ですが、実際には、契約寸前までいったけれど、別の業者に契約されて今までの苦労...

続きを読む

競売物件

地方裁判所が競売にかけて売却する物件のことです。競売とだけ書くと読み方は、競売となりますが、不動産関連では『けいばい』と読みます。競売物件は、『けいばいぶっけん』と読みます。抵当権が入り組んでいる場合には、占有屋などがついていたり、一筋縄ではいかないケースもあるようです。通常の不動産価格よりも格安で...

続きを読む

青田売り

青田買いというと企業が優秀な人材確保のために、就職協定などに違反して、卒業予定の学生の採用を早期に開始することを指します。それに対し、青田売りとは、不動産業界でのフライング販売を指します。建売住宅という言葉がありますが、実際には建てる前に販売活動を始めてしまうのです。新築マンションや一戸建ての分譲住...

続きを読む

売主 【うりぬし】

売主とは、不動産取引の形態によて誰を指すのかが変わります。買主とは、当然これあら買おうとしている人のことです。これに対して、新築マンションや建売住宅の場合は、不動産会社(宅建業者)や建設会社などが売となりますが、中古住宅の場合は、個人が売主のケースが多いのが普通です。中古物件は、不動産屋が買い取って...

続きを読む

コレクティブ・ハウジング

共同で使うことができる設備を共有しながらもプライバシーの保たれた住空間に住まうことで、スペースの効率化とともに新しいコミュニティを形成していくことができるので日本でも若い人の共同住宅や高齢者が集まる新しい住まいの形として広がりを見せていると言えるのではないでしょうか?昔あった風呂なしトイレ共同のアパ...

続きを読む

団体信用生命保険

銀行などで住宅ローンを借りた場合には、自動的にこの保険に加入することになると思います。もしも、お金を借りている人が死亡したり、働けなくなったりした場合に住宅ローンを払わなくても保険で金融機関が取りっぱぐれることがないように保険をかけるのです。ただ、収入が極端に多かった場合などは、家を維持することがで...

続きを読む

セットバック

建築基準法では、接道義務というのがあるのですね。建物の敷地は幅が4メートル以上の道路に接していないといけない。ということが盛り込まれたもので、そうなった理由としては、住宅密集地での火災などの際に消防車が活動するのに充分な広さを確保するとか?火が近隣住宅を一斉に燃やし尽くさぬようにということから出来た...

続きを読む

クルドサック

フランス語で袋小路という意味ですね。道路は行き止まりになっていると交通量が少なく、安全にも通じるので、新しく分譲された住宅地などは、住民以外が利用しないようにわざわざ袋小路を設ける住宅地が増えているように思います。車が間違って侵入してきた時や、住民の車の方向転換ができるように、一定のスペースを作って...

続きを読む